山バッジ

2024会津駒ケ岳山開きの記念バッジ

今年の会津駒ケ岳山開きで配られた記念バッジを紹介します。
山バッジには珍しく八角形のオシャレな形をしています。
図柄は駒ノ大池の向こうに会津駒ケ岳が、そしてその前景にはシンボルフラワーのハクサンコザクラが描かれています。
なかなか良いんじゃないでしょうか…。

気に入りました。

ここで2021年と2022年の記念バッジの写真も掲載しておきましょう。
2021年は50回記念の山開きでした。
それまで「山開き」という行事に参加したことはなかったのですが、会津駒ケ岳の山開きが「50回」という節目であることをSNSで知り、初めての山開きに「行ってみようかな」という気になったわけです。
左のバッジが記念バッジです。右のバッジは駒の小屋で購入した会津駒ケ岳の山バッジです。
どちらもハクサンコザクラ中心のいぶし銀タイプです。

2022年のものがこちらです。
やはり鉄板の会津駒ケ岳、駒ノ大池、ハクサンコザクラが描かれています。

そうすると2023年のバッジが気になるところですが、今年の山開きの記事でも書いたように2023年は悪天候の予報だったため、直前に参加をキャンセルしたのでバッジを入手していませんでした。

ところが今回、桧枝岐村の「山旅案内所」の土産品コーナーを覗いてみるとビックリ。
なんと過去の山開きの記念バッジを販売しているではありませんか…。
参加していない年のバッジを購入するのは禁じ手?とも思いましたが、地元にお金を落とすという大義名分を思いつき(‘_’)…自分を無理くり納得させて購入してしまいました。500円でした。
それがこちらです。

これで初めての参加から今年までの四年分のバッジが揃いました。
こうなると元気で山に登れる間は毎年会津駒ケ岳の山開きに参加しないわけにはいきませんね…(^^♪。

若い頃から山が好きで、いろいろなところに出掛けてきましたが、社会人になってからはかなりのブランクがありました。 それでも40代過ぎから自転車を始め、組み立てまで自分でこなすほどののめりこみようでしたが、現在は再び山へと回帰しています。 ただ、キャンプも好きで細君と年に数回関東甲信越のキャンプ場を訪れています。 もう還暦も過ぎたので「今のうちに行きたいところへ行っておこう」と自分に言い聞かせているのですが、ここ数年はコロナ禍で山もキャンプも自粛ムードでした。 新しいブログを出発点に野外活動を一層充実させていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です